中途入社の社員研修にも時間をかける必要性

ひと昔前まで、新入社員と言われる人達は、4月の直前もしくは4月の頭に会社へ入って来る人たちのことを指していました。
基本的には、学卒と呼ばれる大学卒業生と一部高校生と言うパターンでしたが、応募をしても人が集まらない時期が長く続き、中途採用を広く利用するようになりました。
この中途採用には、社員研修が比較的短く済むと言うメリットがあります。
仕事中の一般常識などを教える時間が少なく済むことと、仕事への理解と呑み込みが新入社員より早いと言うことです。
但し、問題になることは、会社の理念を理解しているのかどうか判らずに行動してしまう怖ろしさがあります。
それは以前に勤めていた会社の流儀をそのまま、押し付けてしまい、会社が求める流儀と違ってしまうことです。
しかし、新入社員では、確実に一歩一歩進む努力をすることから、流れに沿った仕事をしてくれることが多い訳です。
そんなことから、最近では中途入社の社員研修において、企業内における規律をキチンと教えるようになりました。